日本独特の着物文化の良さ

着物と言えば日本独特の文化から生まれたものですが、今はなかなか着る機会がなくなりました。馴染みのあるものでは、女性が成人式の時に着る振り袖や、お祭りに付き物な浴衣、入学式や卒業式に着る袴などあります。結婚式などのお祝いの席で振り袖を着る方もいますが、今は合わせるヘアスタイルやアレンジの仕方にもバリエーションが増えて、昔の着方とはひと味違うコーディネートをする人も増えました。今の流行りが合わさった華やさが加わり、若い方は特に、新しいイメージへと変わりつつあるのではないでしょうか。年齢を問わず、幾つになっても楽しむ事が可能なのが魅力ですね。着物に合った髪型やコーディネートする小物を集めるのも、又楽しみがあります。たまにはいつもと違う服装でお出掛けしてみるのも良いのではないでしょうか。着物を着ると気持ちが清々しくなるような気がして好きです。

習得方法は様々ある着物の着付け

着物を自分で着てみたいけれど、教室に通うにはお金がかかりそうで心配、という人もいるのではないでしょうか。教室に通うことをためらっている場合、独学で学ぶという手もあります。もしも身近な所に、着付けに慣れた人がいるなら、その人に教わるのも良いでしょう。お手本となる人がいなくても、自分でDVD等を見ながら練習する、という手もあります。昔は皆自分で着ていた物なので、独学でもそれなりにマスター出来ます。やっぱり教室に行きたいけれど、料金が問題という場合は、自治体等が主催するカルチャー講座を探してみてはいかがでしょうか。カルチャー講座では、一回の料金が明確に決まっており、しかもリーズナブルです。高額な着物を買う心配もありません。着付けを習得したい時は、独学でも教室でも、自分に合った方法を選ぶのが一番の近道です。

着物は日本の民族衣装である

急速に近代化しつつある日本ですが、なおも古き時代の趣を残しているところもあります。奈良県や京都府には昔の時代の建造物が数多くあり、その筆頭と言えます。小学生の時の修学旅行でしか行ったことがありませんが、どんな建造物があったか大体覚えています。奈良県の方は鹿に手を噛まれたこと以外よく覚えていません。京都と言えば着物を目にすることが多かったです。舞妓さんが着ていたのと販売店が多かったのとで印象に残っています。着物は和服と呼ばれるように日本在来の衣服です。最近は日本の民族衣装とする説も出ています。男性の着る袴もこれに含まれます。今は京都以外では成人式や学校の卒業式と言った特別な日にしか見なくなりました。少し残念です。そういえば「履きものをぬげ」の最初の漢字が読めずに「きものをぬげ」と読んで村人が素っ裸で神社に参拝するという昔話がありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

着物についての様々な意見を紹介します