着物のレンタルをすれば

着物は、日本人が昔から愛している服装でありながら、お正月なら成人式など祝いの場所から、華やかな場所でのおしゃれをする際などに、よく着用している方が多くいます。着物は、比較的お手軽な価格のものも販売されていますが、とても高価な価格のものも多く、中には何千万もするようなとても高価な価格のものも販売されているようです。着物を着ることに憧れはあるものの、日常生活ではなかなか着る機会のないものであるからこそ、購入することもいいですが、一日だけや特別な日だけ着用したいさいには、レンタルをするという方法があります。レンタルをする場合には、さまざまな柄や種類の中から好きなものを選ぶことができるので、その日の気分によって選ぶことができ、着付けがわからない際には、レンタルのみならずに着付けも行ってくれるので安くおしゃれをすることができます。

着物のときのメイクのポイント

着物を着たときのメイクのポイントについて記載します。まず、大事なのが肌です。アップスタイルなどにしていると余計に肌の状態が目立ちますので注意しましょう。毛穴が気になる人は専用のパテなどを使ってつるっと仕上げましょう。つや肌かマット肌かは好みにもよりますが、夏などはマットに仕上げたほうが涼しげに写りますのでお勧めです。また、ナチュラルに仕上げてしまうと服装に負けてしまいますので、いつもより濃い目にしましょう。ファンデーションのカラーをワントーンあげるのがお勧めです。また、リップやチークなどは着物の色みにあわせるとまとまり感がでるのでお勧めです。たとえば、青っぽい着物であれば、青みのつよいピンクなどをつかうとよいでしょう。色がたくさんある場合などは、一番面積が大きい色にすると統一感がでて素敵です。

着物を引き立てるメイク

着物を引き立てるメイクについて記載します。まず、ファンデーションはマットなものがお勧めです。リキッドの場合は最後のお粉だけでもマットタイプを使いましょう。多めにはたいてからブラシで余分な粉を落とすと綺麗につきますのでおすすめです。次にポイントメイクです。まずアイメイクはアイラインが重要です。なるべく黒のリキッドタイプのものを使ってきりっと仕上げましょう。まつげの際に点々を書く様に少しずつ埋めていきます。最後は目じりをすっと流せば切れ長な目にみせることができます。アイシャドウはナチュラルな色でもよいですが、着物の色に合わせても面白いです。また、目じりにピンクや赤などをのせると色っぽく仕上がります。つぎにリップメイクですが、着物の場合はリップが主役ですので気合をいれましょう。綺麗にラインを取ってから筆を使って口紅を塗っていきます。少しマットに仕上げるぐらいが丁度よいです。普段は使わないような赤リップなどもクラシカルでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

着物についての様々な意見を紹介します