着物の良さを知って身に付けましょう。

着物の良さと言うのはたくさんあります。しかしやはり洋服が主流になっているのは確かです。動きやすく、日常生活を送る上ではそちらの方が都合がいいからです。今の日本人社会で着物を着て過ごすというのはなかなかに難しいようにも感じます。しかし何か機会を作って、日本の文化に触れてみるということは大変素晴らしいことです。そして着用するだけで背筋が伸びて、姿勢がよくなり、動きづらいのが逆に上品な振る舞いにも見えると言う利点があります。いつもと違うものを着ると気分も変わりますし、新たな発見というのもあるでしょう。そういったちょっとした気付きのためにもたまには袖を通してみる機会を作りたいですね。日本人の体型をカバーできるという利点もあり、やはり美しく着こなすには日本人がいいとも考えられています。実際海外の方にも人気があります。

花嫁の着物姿は小物などが限定感満載

着物を着る時は、和装用の小物を身に着けます。さらに花嫁衣裳になると、通常とは違う、特別な小物を身に付けます。花嫁衣裳限定の小物はいくつかあります。そもそも、式に臨む時のスタイルである白無垢自体が花嫁限定です。それに合わせる小物では、まず、綿帽子や角隠しが挙げられます。昔は結婚式以外でも、女性が身に着けていたアイテムです。しかし今では、和装の花嫁限定の小物です。胸の懐剣とハコセコ、手に持った末広と呼ばれる扇子も、花嫁が持つ独特の小物です。今もハコセコや末広は七五三で使いますが、花嫁用は模様などが違います。文金高島田と呼ばれる高く髷を結った髪型も、現代では花嫁のヘアスタイルとして知られています。頭に挿す華やかなこうがいも、今では花嫁姿の時にだけ見られる特別なアイテムです。和装の花嫁姿には、その時だけしか付けられない、限定感のある物が満載です。

着物のときの髪型はアップスタイルが必須なのか

着物を着たときにアップスタイルにするのはマナーなのでしょうか。実はそんなことはありません。基本的に未婚かつ若い女性の場合はダウンスタイルでもOKです。とくにプライベートなどで着る分にはそれほど問題はありません。しかし、お茶会やお祝いの席などではアップスタイルにしたほうが無難です。スッキリとしてみえますし、周りの人と比べても違和感をもたれにくいでしょう。また、アップスタイルにはこういったこと以外にもメリットがあります。それは着物が汚れにくいといった点です。着物はちょっとした手の皮脂でも汚れてしまいます。髪の場合は頭皮からでる油だけでなく、スタイリング材なども付着しています。それが移ってしまうとシミや汚れになってしまいます。こういったことがあるので、お気に入りのものや高級なものはアップスタイルをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

着物についての様々な意見を紹介します