着物を着る為に必要なアイテム

和装を楽しみたいと考えている女性が増えています。以前は成人式や結婚式と言ったイベントに着る服のイメージが強かった服装ですが、今では普段着として着ている方が急増しているのが着物です。そこで、普段から着たいと考えている場合、必要なアイテムを準備します。まず着物や帯が必要です。さらに着付け小物が必要になりますが、具体的なアイテムとして和装下着です。美しく見せる為にも一般的な下着ではなく、胸を少し抑える働きがある下着を身に付けます。腰ひもや伊達締めは着くずれを防止する為に必要です。帯を美しく見せる派たたきをするのが帯板で、帯締めを締めた時のしわ防止になります。その他にも帯枕や帯締め、帯揚げなどが必要です。どれも着た後に美しさを保つ働きがありますから、綺麗に着たい方にとって用意しておくべきアイテムとなっています。

密かな着物ブームの現代社会です。

昨今は、若い世代のお嬢さんたちに、着物が人気のようで、秘かなブームを呼んでいるように見受けられます。そのため、町のあちらこちらに、着物のリサイクルショップを見かけます。時々年代ものを素敵に着こなして、歩いている女性がいるのですが、目を惹かれます。独特な組み合わせ方をされていて、センスの良さが伝わってきます。洋服とは違い、いろいろな色彩が織り込まれているので、少しのアレンジで、雰囲気がガラリと変わることも面白いように感じます。ちょっとした、小物使いなどでも、表情が変わり、雰囲気を変えることができるようです。言葉の流行としましても、和装モダンという言葉も流行っているようなので、明治大正昭和の時代の良き、懐かしさが、今現代社会において、新鮮になってきているように感じます。そして、着るもので、それを、表現できるので、素晴らしいと考えます。着物の良さをもっと、広めてほしいです。

着物を着られる機会を望む人

普段の生活でほとんど着ることの無くなった着物を冠婚葬祭などの機会にたまに着るだけでも肩が凝って疲れるという人や手入れを面倒くさがる人、レンタルにお金がかかると嫌悪する人もいます。幼い頃は大人のそのような言葉をそのまま素直に受け止めている子どもも多いでしょうが、大人になってから着物の良さに気づくという人も多いです。近年は旅行や仕事の出張で海外に出かける人も多く、海外に出てみて改めて日本の良さに気づき、日本の文化を大切にしようという心が芽生えることもあります。着物は日本や日本の文化を象徴する物の一つです。立派な民族衣装です。四季を楽しみ、慈しみ、大切にしてきた日本人の心や美的センスは柄にも色にも表れます。大人になって色々なものを見聞きし、日本人で良かったと感じることは多々あるはずです。もっと気軽に着られる機会が増えることを望んでいる人もいるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

着物についての様々な意見を紹介します